最近のトラックバック

住まい・インテリア

お部屋の改装その3

071121_3 前回までで珪藻土を塗るための養生と、下地のシーラーまで終了していましたが、

お天気の日は雪がふったので大慌てで、庭のダリやの球根の掘り出しや、雪囲い、などをやりました、今日は雪空で寒そうなので、室内作業日と言うことで珪藻土を塗ることにしました。

珪藻土はインターネットで最初から練ってあるものを購入しました、自分で練っても良いのですが

硬さ等が目星がつきませんので今回珪藻土塗りは初めてということでこれにしました。

左官作業はまるっきり初めてというわけではなくモルタル仕上げとかはやった(少し)経験があります。

ビニール袋に入った珪藻土を画像のトロ舟の中に出して良く攪拌します丁度ホイップの8~9分だてくらいの硬さです

これを画像のコテ板の上に少しのせて左官鏝で壁にぬってゆきます、塗り厚み2~3ミリぐらいの厚さにむってゆきますがなかなか均一な厚さに塗ってゆくのはむつかしいですね、

珪藻土の塗り方のページなどをみると鏝あとを残して荒く仕上げても味があってよい、と書いてあるのが多いのですが

あえて鏝仕上げに挑戦しました、これは難しいですね、なかなか均一に鏝跡を消してきれいに仕上げることわ大変です。

ある程度乾いてから鏝でこすって仕上げてゆくのですが本職のようにはゆきませんでしたがなんとか仕上げました。

泥遊びも楽しいものです。

壁の色は珪藻土の生成り?の色合いみたいですが、クリーム色とかベージュとか少し色があったほうが良いような気がしましたのでこの次に珪藻土を塗るときは、変えてみることにしてみよう。

珪藻土の良い点の湿度の調整、とか健康に良いとかはこれから体験してみます。

部屋の改装その2

壁のクロスをはがし終わりました、クロスは貼ってから結構年数がたっているのではがすのは本当に大変な仕事でした、
昨年2階の2室のクロスは屋根のやり変えのとき窓を付け替え等があったので専門の内装屋さんが張り替えをしたのですが、やはり古いクロスははがしにくいと言っていました。
本職でも大変なのだから素人が大変なのはあたりまえかな?
クロスをはがし、まず養生です、珪藻土がついてはいけないところに養生テープとビニールが付いたテープをはりつけます、これをやらないと仕上げがきれいになりません。
珪藻土を塗る前に下地処理でシーラーを壁一面に塗ります、クロスをはがした下地は石膏ボードですこのままでも珪藻土をぬれないことはないのですが珪藻土の水分を下地がすぐに
吸い込んでしまい塗りにくいのと早く乾燥しすぎ、壁にひびがはいります。
シーラー塗りは刷毛で塗りにくい場所を塗り、広い壁面はローラーで塗りました、
意外と簡単で1時間でおわりました。
シーラーが乾くといよいよ珪藻土塗りです、左官仕事、うまくゆくかな~~

お部屋の改装

Kyakusitu 今日は朝から雨が降っています、外の片付けもこんな日は休憩、ペンションの中で1階の客室のクロスの汚れが前々から気になっていました
クロスの上からペイントで塗装してしまおうか、クロスを張替えようか、としばし考えていました、インターネットでクロス、とか内装材関係をみていました、前から珪藻土のことについても調べていましたが、左官仕事はちょっと大変なのでどうかなとおもっていましたが
いろいろ見ているとなんとか出来そうなかんじがしてきました。
漆喰と言う選択もありそうです、 クロスは布系以外、ビニールクロスは吸湿性は0で
極端な話ビニール袋の中のようなお部屋の状態と書いてあった、健康の上からも昔からある
土壁にちかい珪藻土がよいとのこと、挑戦してみる価値がありそうです。
クロスを張替えるにしても今張ってあるクロスをはがさなければなりません、今日から
クロスははがしの開始です、始めましたがなかなか大変です、
この続きはまた書きます。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今日の庭から

  • メーデンスブラッシュ
    ペンションのいちご、の庭の紹介、 のいちご、の庭は長野県のオープンガーデン組織、オープンガーデンオブ信州、須坂市が主催する須坂オープンガーデン、に参加して 庭を公開しています。 まだまだ、未完成、発展途上の庭ですが、そんな庭の今を紹介する 画像アルバムです。
無料ブログはココログ